スペシャルティコーヒーについて

「スペシャルティコーヒー」は最も高品質なコーヒーです。ブルーマウンテンやキリマンジャロなどのプレミアムコーヒー。一般流通しているコマーシャルコーヒーがその他のグレードとしてありますが、「コーヒーによる感動体験」というキーワードの元にREC COFFEEでは「スペシャルティコーヒー」のみを専門的に扱っています。

 

定義

それでは「スペシャルティコーヒー」とはどんなコーヒーのことを言うのでしょうか。日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)が定義する「スペシャルティコーヒー(Specialty Coffee)」はこのように記されています。

“消費者(コーヒーを飲む人)の手に持つカップの中のコーヒーの液体の風味が素晴らしい美味しさであり、消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーであること。
風味の素晴らしいコーヒーの美味しさとは、際立つ印象的な風味特性があり、爽やかな明るい酸味特性があり、持続するコーヒー感が甘さの感覚で消えていくこと。
カップの中の風味が素晴らしい美味しさであるためには、コーヒーの豆(種子)からカップまでの総ての段階において一貫した体制・工程・品質管理が徹底していることが必須である。(From seed to cup)
具体的には、生産国においての栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理が適正になされ、欠点豆の混入が極めて少ない生豆であること。
そして、適切な輸送と保管により、劣化のない状態で焙煎されて、欠点豆の混入が見られない焙煎豆であること。
さらに、適切な抽出がなされ、カップに生産地の特徴的な素晴らしい風味特性が表現されることが求められる。”


(出典:スペシャルティコーヒーの定義 / 日本スペシャルティコーヒー教会)

 

簡単に要約すると、スペシャルティコーヒーとは、素晴らしい風味(液体にしたときの美味しさ)があり、全ての工程においてトレーサビリティー(追跡可能性)ができ、適切な管理がなされているコーヒーということになります。(“From Seed to Cup”)

 

歴史

スペシャルティコーヒーという考え方、言葉は、1978年のフランスで行われたコーヒーの国際会議において、アメリカでロースター営んでいたでErna Kunutsen女史が初めて提唱したと言われています。

そこで説明なされたスペシャルティコーヒーは、“Special geographic microclimates produce beans with unique flavor profiles, which she referred to as "specialty coffees."
”特別な地理的微小気候(マイクロクライメイト)がもたらす、特徴的で個性的な風味特性を備えたコーヒーをスペシャルティコーヒーと言う”と提唱しています。
※マイクロクライメイトとはある限定された地域、区画、土壌、日照、気温、降雨量、標高、風、霧などの細かな条件を総合したものです。

1970年代当初、コーヒーはアメリカを中心として大量生産、大量消費の時代であり、品質よりも量の供給が重要視されており、消費者の関心が低下。

急激にコーヒーの国際市場価格は下落し、コーヒーを生産する農園は存亡の危機に陥っていました。

消費国はその反省を生かし、コーヒーの品質に重きをおき、消費者にとって魅力的な味わいを提供していくために、農園(生産者)に高品質で特徴的な風味特性を備えたコーヒーにはそれに見合う対価を支払うこととしました。

消費者の求める品質、味わいを生産者と共有することで品質を高め、それによって持続可能な農園の運営をサポートし、高品質なコーヒーを提供し続けること。従来の国際市場相場に影響されにくい新しいコーヒーの価値観を生み出したこの流れが「スペシャルティコーヒー」の根本にはあります。

また、自らの努力によって品質が向上するとそれに見合うだけの対価が払われるという仕組みは、生産者のモチベーションにもつながりさらなる品質の向上につながっています。

 

スペシャルティコーヒーに関わる全ての人にとって素晴らしいと感じるコーヒーをお客様の手元に届ける“From Seed to Cup”を合言葉にさらに発展を目指し、常に進化してくという好循環はとても重要です。

私たちもそのスペシャルティコーヒーの一端を担い、忘れることのできないコーヒーの感動体験をたくさんの人に届けたいという想いでREC COFFEEは生まれました。

コーヒーの感動体験を記録する場として、レクリエーションの場として、REC COFFEEは皆さまに最高の一杯をお届けします。